ガラスの靴を持たなくても

「自分磨き」初心者・二十代女の意識の低い美容ブログ

【モニター記事】リメイ ターマルウォータークレンジングをお試しさせていただきました(再掲)

 
 
 
【Remei(リメイ) ターマルウォータークレンジング】をお試しさせていただいたので、以下使用してみた感想です。
 
じゃん!
 

f:id:syosinsyaona:20170428134140j:plain

 
コットンに浸して使うタイプのクレンジング水です。

使ってみた感想としては、こすらず、するんと落ちます。
跳ね上げアイラインもウォータープルーフのマスカラも、コットンで優しく拭き取るだけで簡単に落ちます。
写真、ちょっと見辛いんですが、こんな感じでさっぱりきれいに落ちます。

f:id:syosinsyaona:20170428134211j:plain

 
眉毛に剃り込み入ってる(笑)
 
クレンジング後も多少のベタつきはありますが、つっぱったりということはないです。
五日間ほど連続で使用していますが、わたしの肌には今のところ異常はありません。

クレンジング水というだけあって、かなり水っぽいです。というか、水か!
ただサラサラしているかというとそうではなく、とろみのあるテクスチャーなのでコットンから垂れてくるということはなかったです。
でも本当に水っぽいので、つい出し過ぎてしまってコットンが吸収しきれず、そのまま顔にのせて目がしみる、ということを最初何度か繰り返してました。
量の調節は慣れるまでちょっと注意が必要かもです。
 
400mlで価格は2200円。
同程度の価格帯で、これだけの量のクレンジングを使ったことがないので何とも言えないのですが、値段分はしっかり落ちますし、肌への負担も少なく、オイル・アルコールフリーなので、コスパは結構いいんじゃないかと。
もともとオイルクレンジングが苦手な方なので、結構気に入っています。
 
最後に一つ気になったこと。
匂いはアリです。<strong>NOT無香料</strong>。
何の匂いに近いだろう…?
お花?
金木犀の匂いに近いかな……
ちょっと自信ないですが、フローラルな感じの匂いがします。
わたしは無香料大好き教の信者なので、初め使った際にこの匂いがすごく気になって、気になって気になって気になり過ぎて<strong>「せっかくもらったけどもう使えない!」</strong>と落ち込んでいたのですが、毎日使っていたらそこまでは気にならなくなりました。改宗です(笑)
ですが、わたしのようについつい無香料を選びがちな方は、購入の際、香りを嗅いでみてから購入した方が無難かと思います。
 
ちなみに普段使っているコットンは@cosmeの「ミカエルのよくばりコットン」。
120枚入って285円、しかもふわふわの天然コットンなので結構リピートしてます。お気に入り。
 
 

ところでターマルウォーターのターマルって、どういう意味なんでしょうね?
調べたら、トルコに「ターマル」という温泉街があるらしいです。
岡山の湯原温泉の水を使用しているということで、そこ繋がりなのかな…?
むしろ湯原温泉のことも知らなかったのですが、映画『千と千尋の神隠し』のモデルの一つとなった「油屋」さんという老舗旅館が有名みたいです。昔ながらの温泉街という感じで、なんだかいいですね。
温泉といえば箱根か北関東かの関東民ですが、いつか行ってみたいな。
 
 
以上、【リメイ ターマルウォータークレンジング】の感想記事でした。