ガラスの靴を持たなくても

「自分磨き」初心者・二十代女の意識の低い美容ブログ

はじめまして

 
 
 
新年である。
新しい一年の始まりは、やはり新しいことを始めるに限る。ということで、ブログを始めることにした。単なる思いつきである。
さて、何を書こうか。
ブログといっても、どこにでもいる平凡でなんの取り柄もない20代女の私(腰痛持ち)の日常に興味がある人は、たぶんうちの母くらいしかいないと思う。うちの母でさえ興味はないかもしれない。とりあえず母は興味があるとして、でもそうすると、家族でLINEでもしとけよという寂しい結末を初回にして迎えてしまうので、もっと人が読んで、利にはならずとも時間つぶしくらいにはなりそうなことを書こうと思う。
そこで思いついたのが「美容系ブログ」だ。いわゆるコスメとか脱毛とかダイエットとか、わかんないけどなんとか整形とか、とにかくそういうあれこれについてのブログだ。
正直に言うと、別段「きれいになりたい」という気持ちは持っていない。
ちょっとぶっちゃけ過ぎたが、本当のことである。
私はまつ毛エクステに年間七万円かける友人の話に口をぽかんと開け、全身脱毛に四十八万かけた友人の話に口を開けたまま部屋の中を酸素不足にした女である。毛を増やすより家のコタツで寝ていたいし、毛を剃るお金でスマホゲームに課金をしたいタイプだ。なるべく我慢も努力もしたくないし、お金もかけたくない。平たく言えばクソ人間のそんな私がなぜ美容系ジャンルを選んだのか。
それはすべて、こんな初夢を見たせいなのだ。
雲に乗った白いひげの神様が「お前は今年、ブログをやりなよ!ジャンルは美容!コスメ!化粧!顔のシミ!」と叫びながら持っていた杖でポカポカと私の頭を叩いてきた。なんともぶしつけな神様である。だが、神様が夢に出てくるなんてめでたい! きっと夢の通りにしたら、なにかいいことがあるに決まってる!
そうして私は、美容ブログを始めることにしたのだ。

というのは真っ赤な嘘である。
理由は特にない。初めに言った通り、ただの思いつきである。

美容というのは趣味だと思う。かけようと思えば際限なくお金がかけられるし、お金をかければかけるほど得られる効果も単純に上がる。でも必要最低限の清潔ささえ保っていれば、そこまでスゴイものを強制されることもない(顔がお仕事の人や接客業の人は除く)。
そう、つまり今年の私は美容を趣味にしようと思い立ったわけである(結果的に)。
美容に無頓着でお金もかけたくない女が(そのうえ私は飽きっぽい)、美容ブログなんてできるんだろうか。そもそも需要はあるのだろうか。
ももしかしたら、趣味の美容初心者のブログを読みたい人もいるかもしれない。初心者が中級者に、中級者が上級者になるのを見たい、いわゆる育てゲーというやつが好きな人だ(成長するとは言っていない)。世界は広いのだ。美しく立派な城を見たい人もいるし、きっと黄金でできたウンコを見たい人もいるのだ。
黄金のウンコを見たいと思う人がいる限り、俺たちの冒険は終わらない……!

ここまで書いてきて、自分に笑いの才能がないことを痛感した。早くも挫折しそうである。とりあえず黄金のウンコのことは忘れよう。うーん、大丈夫かな……
兎にも角にも、新年あけましておめでとうございます。