ガラスの靴を持たなくても

「自分磨き」初心者・二十代女の意識の低い美容ブログ

【モニター記事】湘南美容アイリッドテープをお試しさせていただきました(再掲)


どうも。
最近電車で座ると、なぜか次の駅でとなりの人が両方とも降りる確率が高い初心者女かのです。
そのあとカップルとかが目の前に来ると、きまずいです。

今日は「平行ふたえ専用 湘南美容アイリッドテープ」をお試しさせていただいたので、その感想を書いていこうと思います。
以前、おすすめの二重のり記事を書いたので、よろしければそちらもどうぞ〜。
 
 
じゃん。

f:id:syosinsyaona:20170428142653j:plain


こちらの「湘南美容アイリッドテープ」とは、湘南美容外科の医師と共同開発した二重テープだそうです。
湘南美容外科ってあれですよね、「好きな言葉は、情熱です!」。
「ふ〜ふふふふ〜ふふ〜」な美川憲一さんではなく。
ヘリが飛ぶ方でもなく。れっみし〜よっすまーい(何のこっちゃ)
 
実際に使ってみた画像がこちら。
奥二重の幅を広げてみました。
(ピンボケでごめんなさい!)

f:id:syosinsyaona:20170428142721j:plain


使ってみた感想ですが、
このアイテープ、わたし的にはかなり使いやすかったです。
付けやすいし、接着力も強いので半日は余裕で二重が持続しました。
プッシャーもかなり使いやすい。
ただ、普段使っている折り込み式二重のりとの違いにちょっと戸惑ったりもしたので、その辺りも詳しく感想を書いていこうと思います。

手持ちにDUPのワンダーアイリッドテープがあるので、比較して書いてみました。

 

ワンダーアイリッドテープ エクストラ 120本

ワンダーアイリッドテープ エクストラ 120本

 

 

ちなみにDUPのテープもかなり好きです。
 
 


◯長さが短い

f:id:syosinsyaona:20170428142910j:plain

左が湘南アイリッドテープで、右が比較として置いたDUPのワンダーアイリッドテープです。
このアイテープでわたしが一番気に入ったのはここですね。
普通のアイテープって、端の方からはがれてしまって、テープが見えてしまうことがあると思うのですが、横が短いせいでそうなりにくいのがすごくいいなと思いました。
 
 

◯プッシャーが使いやすい

f:id:syosinsyaona:20170428142954j:plain

二重の整形手術のときに実際に使われているという、ピンセットとプッシャーが一つになった付属のスティックがめちゃくちゃ使いやすいです。
先端恐怖症の人にはあまりオススメできない先端が細いプッシャーは、くいっくいっとまぶたを押し込んでいくのにすごく便利。
反対側のピンセットは…ズボラなので使わなかったです(笑)指紋がつくのがいや!って方には是非使っていただきたいのですが、テープは指でもとれます。
 
 
f:id:syosinsyaona:20170428143023j:plain
開発したDr.Igawa
 
 


◯接着力が結構強め


これは良し悪しなんですが、接着力が強めです。はがれにくくていいものの、まぶたがつっぱっている感じはわりとあります(貼ったばかりのときは特に)。
時間が経てば気にならなくなりましたが、今使っている折り込み式の二重のりと比べると、やっぱりテープの重さもあるし、違和感はありますね。

あと、接着力が強いのでクセがつきやすいです。
わたしの重めの一重ですら半日貼って、はがして、一時間はクセがついたままでした。
ただし二重幅を作るときは慎重にやった方がいいかもですね。
もし変なクセがついてしまったら、つきやすいぶん悲惨なので。
 
 

◯ケースが開けやすい


これはわたししか重要ではないかもしれませんが(笑)

f:id:syosinsyaona:20170428143251j:plain

 
DUPのアイテープと比較してなんですが、ケースがやや厚くて、蓋も開けやすいんですよね。
というかDUPが開けにくくて、薄くてよく失くしそうになってたので、箱はこっちの方が好きです(笑)
 

コスパはどうなんだろうか〜。
84枚で1200円。
二重のり商品はだいたい1000円前後が多いし、やりやすさや剥がれにくさを考えると、悪くはない気がします。
DUPは120枚で1000円なので、この二つだと悩みどころですね。
 
 
 

◯一番向いているのは奥二重かも

 
パッケージには「分厚い一重、ぼんやり二重 たるんだまぶたにも!」と書いてあるのですが、ほかの二重のり商品と同様、わたしの腫れぼったい一重にはやや苦戦。
貼って3時間くらいで目頭の方の二重は若干さよならしてました。
ただ個人的にはかなり健闘してる方だと思います。
それくらい、わたしの一重が腫れぼったいんだ…

一方、奥二重の方は二重のりではあんなにできなかった平行ふたえがいとも簡単に作成できて、ちょっと感動しました。
もともとのクセはなかったようにキレイな仕上がり。

平行ふたえ専用というだけあって、二重の幅を広げて平行ふたえにするのと、
そのクセ付けに使うのが一番向いている商品だなと思いました。

もちろん、腫れぼったい一重にも十分使えます!
夜寝ている間も使え、医療用の低アレルギー性粘着剤使用で肌に優しいのもいいですね。
 

以上、お試しさせていただいた【湘南美容アイリッドテープの感想記事】でした。
 
 
 

【お知らせ】インスタグラム始めました


どうも。
昨日夕飯にかに玉を作ったのですが、家族がカニアレルギーなのをすっかり忘れていました。
反省してます。初心者女かのです。
 
知ってました!? かに玉のもとって本当にカニ(カニエキス)が入っているんですよ!
正直なめてましたね、かに玉のことを。
ちなみに「カニカマ」にもわずかながらカニ(エキス)は入っているみたいです。カニカマもなめてた。カニのパチモンだと思ってた。
 
 
 
 

f:id:syosinsyaona:20170428130358j:plain


insutagramを始めました。
といっても、実はもう結構前からやってました(笑)

まだ投稿は少ないのですが、主に最近自分の中で流行っているメイク方法だったり、ブログ記事のお知らせだったりを載せていこうかなーと漠然と考えています。
が、まだ模索中。いろいろと面白い企画だったり考えられたらいいな、なんて思ってます。
 

インスタってプロフィールよりも画像の中身の方に重きを置かれているじゃないですか。
その感じが面白くて、いいです。
例えば芸能人や、特定のジャンルの有名人や専門家などは、中身がどうこうの前にみんなとりあえずフォローしますよね。
芸能人だったら、プライベートが見られて、ライフスタイルがのぞけて、面白いし。
専門家であれば、自分の知らなかった情報が得られそうだし。

でもそれ以外の、登録しているだいたいの人はただの普通の人で、周りもそのまったく知らない人のプライベートに(少なくとも最初は)興味なんて一切ないわけで。
だけど画像がおしゃれだったり、参考になったり、面白かったり、自分と似た趣味の人だったり、あとはただなんとなくフォローする。そしてつまらないなと思ったら、すぐにフォローをはずす。
その気軽さがいいなと。
SNSというよりはカタログを見ている感じ。

もちろん、ちゃんとコメントを送ったり、やり取りをして、普通にSNSとしてつながりを作っている人たちもいると思うんですが、わたしは恥ずかしがりなので、そういうのが上手くできないんですよね…
でもコメントをいただけると嬉しいですし(あと無駄にドキドキします笑)、フォローしてもらえるだけで、もうすでに嬉しいです。

というわけで、かののインスタグラム、よかったらチェックしてみてください♪
 

使ってよかった二重のりはコレだ!(2017年3月ver.)

 

どうも。
いつも記事のタイトルに迷いまくる、初心者女かのです。
わかりやすくしても、何だかアフィリエイトみたいになるし、かといってユーモアのセンスもないし、タイトルを考えるのが一番難しい。
 
さて。
今日は私が今まで使ってきた二重のり商品の感想を共有したいと思います。
 
 
 
 

f:id:syosinsyaona:20170428135542j:plain

 

わたしは左右で目の大きさが全然ちがいます。片方は腫れぼったい重めの一重、もう片方は若干二重よりの奥二重。その大きさのちがいは、うら若きJKのとき、プリクラの機械が一重を目と判別してくれなかったおかげで、片目が大きなモンスター写真を撮られたことがあるくらい。いまだに忘れてないからな、フリ◯ー。
 
そんなわけで、二重のりにはかなりお世話になっています。
でも、なかなか「これだ!」という運命のアイプチには巡り会えないんですよね……
またの名をアイプチジプシーのわたくし、かの、まだ放浪の旅の途中ではありますが、ここで一度今まで使ってきた二重のり商品を整理してみようと思います。
 
 
 
その前に少し、わたしの目について。
二重のりは主に、一重まぶたを反対の奥二重に合わせるために使っています。
その一重まぶたなんですが、わたしの場合かなり腫れぼったくて、重めです。
ただ最近は、アイプチの継続のおかげなのか、年齢を重ねて皮膚がたるんできたのかはわかりませんが、線ができていて、力を入れて何度かまばたきをすると二重になるように(すぐ元に戻っちゃうけど)なりました。
ネットには、二重のりを続けると二重になるよ!って情報と、一重の人はずっと一重って情報があると思うのですが、わたしは五年くらい使い続けて、なりやすくはなったかなと。まあ一重は一重なんですけどね。
 

そんな二重のり商品はいくつかの種類に分けられるみたいです。
よくあるのりタイプの物は、埋没式折り込み式の二つに分けられます。
 
簡単に言うと、
埋没式・・・まぶたをがっつりくっつけて、まばたきしても二重の状態が続くもの、
折り込み式・・・まぶたを折り込んでまぶたの重さで二重にするので、目を閉じたときにツッパらず、自然なまぶたに見えるもの
という感じ。

伸びるテープのような素材をまぶたに食い込ませて二重を作るファイバーや、まぶたに細めのテープを貼って二重を作るテープ式もあります。そしてテープには、両面に接着面があるものと、片方(下)にしか接着面がないものとがあったりします。
 
書いてみてわかったけど、いろいろあるね!笑

わたしは腫れぼったい重めの一重なので、
・接着式二重のり→まぶたが肉厚過ぎて上手くくっついてくれない △
・ファイバー→まぶたが肉厚過ぎて、細いファイバーでは支えきれない ×
・折り込み式かテープ(両面)→だいたい上手くいく ◎
という感じで、折り込み式か両面のテープ式に落ち着きました。
 
二重のり商品で大事なことは、自分の目の特性にあったものを使うといいということだと思います。でもこればっかりは実際に使ってみないとわからないので、わたしの感想は選ぶ際のヒントになったら嬉しいなと思います。
 
 
 
では、今まで使ったことのある二重のり商品レビュー、スタートです。
 

●エントリーナンバー1番 

アイプチ アイプチリキッドテープN

アイプチ アイプチリキッドテープN

 

 

アイプチを始めた初期の頃に結構気に入っていて、リピートもしました。
平筆で塗りやすく、自然な二重になります。
ただ、平筆、使いやすいんですが、一度にたくさん塗れるせいなのかわりとすぐになくなってしまい、リピートはやめました。
タイプ:折り込み式二重のり
満足度:★★☆
 
 
 

●エントリーナンバー2番 

アストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー WP

アストレア ヴィルゴ アイビューティーフィクサー WP

 

 

この前、たまたまドラッグストアに行ったら、とっても推されていて、どうやら大人気の商品らしいのですが、私にはあまり合わなくてすぐ使うのをやめてしまった記憶があります。
結構前のことなので、たぶんわたしのやり方が悪かったんじゃないかなぁ。でも、たしか筆が細くて塗りづらかったんですよね。プロのネイリストさんが使う細筆くらいしかなくて、技術があればちがうだろうけど、初心者さんには何回か練習が必要かも。
ただウォータープルーフ(ほかの二重のりは汗や涙に弱いものが多いです)で粘着力も強力らしいので、もう一回買ってみようかな。
タイプ:接着式二重のり
満足度:★☆☆
 
 
 
●エントリーナンバー3番 
BN マイクロファイバー ヌーディー MCF-2

BN マイクロファイバー ヌーディー MCF-2

 

 

パッケージのお姉さんがアゲアゲですね(表現が古い)。 

いわゆるメザイク。上にも書きましたが、これはだめでしたね。
まず、マイクロファイバーが細すぎて、わたしのまぶたの肉を支えきれない。ファイバーはまぶたが腫れぼったい人、脂肪が多い人には向いていない商品ですね。わたしが悪いんだ、ごめんなファイバー。
あと、そもそも不器用なのでうまくできない。
ファイバーをまぶたに食い込ませてきれいなアーチを作るのも難しいし、食い込ませたファイバーの両端をハサミで切ったはいいんですが、少しはみ出たところを隠す方法がわからない、とか一度もうまくできませんでした。本当にわたしが悪いんだ。許してよファイバー。
試みたことはないんですが、すでに別の線がある奥二重の人が幅を広げるのとか使いやすそう。
タイプ:ファイバー式
満足度:☆☆☆
 
 

●エントリーナンバー4番
D.U.P ワンダーアイリッドテープ エクストラ N (ふたえ/二重整形アイテープ)

D.U.P ワンダーアイリッドテープ エクストラ N (ふたえ/二重整形アイテープ)

 

 

これはかなりリピートしました!
メザイクでは細すぎたわけですが、こちらはテープなのでまぶたもちゃんと乗りきってくれました。
ただし、やっぱりわたしの肉厚まぶたでは接着力がそこまでもたず、時間が経つとテープの下の部分が丸見えになってました。半日くらいかな?
よく彼氏に「見えてるよ〜」と教えてもらってました(笑) そして「はーい」って言ってピッとテープを取る(笑)
あと、付属の大きなV字のプッシャーがかなり使いやすい。他のアイプチを使っている時でもこのプッシャーを使ってました。
タイプ:両面テープ式
満足度:★★☆
 
 

●エントリーナンバー5番 
プレビュート ふたえパテ ハードタイプ

プレビュート ふたえパテ ハードタイプ

 

 

某なんとかットコスメの口コミの評価が全然良くなくて笑っちゃったんですけど、わたしの中では暫定一位がこの二重のりです。
仕上がりと使い心地がかなりいいです。ただ、奥二重の方の目をこれで平行二重にしようと試みたところ、全然上手くできなかったので、がっつり線があるところに別の線を作る、というのはまったく向いていないと思います。
折り込み式で自然な二重になるので気に入ってます。
筆ではなく、その名の通りパテを塗るヘラみたいなもので塗ります。
これ、最初は上手く使えなくて「買って失敗したな〜」と後悔していたんですが、何回かやっていくうちにコツを掴みました。
コツはとにかく薄く塗ってよく乾かすこと(接着剤はだいたいどの商品も薄く塗ってよく乾かすことが大切ですが)、大きく塗りすぎないってことでしょうか。
一重まぶただけど、二重の線があるぞって人には結構おすすめ。
タイプ:折り込み式二重のり
満足度:★★★

 

●エントリーナンバー6番

メジカライナー

メジカライナー

 

 

珍しいペン型の二重のり。
ペンの後ろを回すとペン先から液体のりがちょろっと出てきて、それを二重を作りたいくぼみに挟んでくっつけます。
これ、やり方も簡単だし、接着力もなかなかでかなり良かったんですけど、コスパがちょっと…。
2mlで1,505円で、慣れないうちは出し過ぎたりして、さっさとなくなってしまいました。でもポスカみたいに太いと持ちづらいだろうしな~。コスパを重視しない人はオススメ!(笑)
タイプ:接着式二重のり
満足度:☆★★

 
 
 
 
●番外編 
これは歴代の中でもかなり上位に来るくらい二重の持ちがよかった!
普通の絆創膏をアーチ状に細く切って、まぶたのくぼみ部分を作り、そこに貼る!ようは片面接着の二重テープみたいなものですね。
ただ、切るのが難しいのと、切るのが面倒くさいのと、絆創膏なのになんかもったいない気がするのと、人から「絆創膏だ」って気づかれたときに結構恥ずかしいのがね、嫌ですね(笑)いや、誰がどう見たって絆創膏なんだけどね。
満足度:★★☆
 
 

以上がわたしの歴代の二重のり商品を使ってみた感想です。

わたしは敏感肌ではないので、今まで上記の商品を使っていてまぶたのトラブルに遭ったことはないんですが、やはり接着剤なので刺激があるなと思ったら、すぐに使用をやめるのがいいと思います。
目を二重にしていて、最近思うのですが、奥二重とか一重も結構いいな、と。
平行二重に美人は多いと思うけど、最近は前ほど「何が何でも二重がいい」とは今は思わなくなりました。
顔の造形ってようはバランスなので、目ばかり大きくてもそれはそれでちがうんですよね。
というか、美人の定義なんて時代や文化でもころころと変わる、移ろいやすいものだなと。

ともあれ、顔のコンディションがいいと一日ウキウキしていられるので、
わたしのベスト二重のり探しの旅はまだまだ続きます。
 
 
 
 

bgm:never young beach  "明るい未来"

 
 

『美的』四月号を付録目当てに買いました

 

 
どうも。
去年くらいから、春になると鼻の周りが痒いんですが、
その原因は花粉症ではないと固く信じている初心者女かのです。
気づかなければそれは花粉症ではないのだ。
 

付録につられて、『美的』四月号を買ってみました。

f:id:syosinsyaona:20170428134725j:plain

 
(女子アナじゃないけど)女子アナメイク2017って感じの森絵梨佳さんが表紙です。
フェミニンかつ健康的で、わ〜絶対的美人!

普段読まない雑誌を読むときって、なぜか『装苑』で連載している能町みね子さんの「雑誌の人格」みたいな気持ちになって読んでしまうことがあります(笑)
だから、表紙の雑誌名の横に小さく書かれた「八年目突入!美容誌実売No. 1」の文字にまず注目してしまう(笑)
「実売」というところに、こだわりというか、プライドを感じていいですね。
うちはほかの美容系雑誌みたいにたくさん刷ってるけど、出版社へ返品される数も多いわけじゃなくて、ちゃんと売れてるんだぞ!みたいな。
そして載っているコスメも九割方ハイブランドで、
後ろの方にある「子供を産まずにパートナーと二人だけで生きるには」という特集や、レシピページの「野菜のシンプル食べ」というやたらフォトジェニックだけど実際は焼くか茹でるかして何かをかける超簡単料理の紹介などから推測すると、
美的さんは仕事で順調にキャリアを積み、自炊はせず、外食をしたり、メイクにある程度お金をかけることができる三十代の独身女性、というところでしょうか(能町さん風)。
大政絢さんのコスメ業界を舞台にした映画とがっつりタイアップしてるのに、新作映画紹介コーナーではまったく触れられていないのも正直でいいですね!

個人的には元タカラジェンヌ白羽ゆりさんが載っていたのが嬉しかったです。
となみ〜!!
 
ふざけていたら思いのほか長くなってしまったので、早々に付録の話題に移りたいと思います。

『美的』四月号の付録はこちら。
 

f:id:syosinsyaona:20170428134802j:plain

 
ブックファーストで購入したので、書店限定のスックのファンデーションと下地サンプルもついてきました。

一応お目当てだったのは、こちらのチークブラシ。

f:id:syosinsyaona:20170428134824j:plain


長さはだいたいです。

このブラシ、顔にあててもまったくチクチクしません。
毛も抜けないし、チークではなくファンデーションブラシとしても使えるくらい柔らかい。
付録と考えるとかなりいい感じで、ウキウキです。

ただしスポンジの方は、正直微妙かな…。
クッションが硬くて、顔にあてるときはかなり優しくしないとダメですね。
無造作にポンポンすると、骨に当たって痛いです。
ただ、指でやるよりは簡単楽ちん♪って感じなので、
優しく、優しくを心がけたらいいのかな。
太さ的にも持ちやすいので、かなり使いやすいです。
うん、いい買い物した!
 
それから、ポーラ B.Aの下地とファンデーションのサンプルも使ってみました。

こちらが下地。
ガッツリ薄桃色ですが、顔に伸ばすと自然なうす〜いピンクになってくれます。
色補正というよりはトーンアップの商品。

f:id:syosinsyaona:20170428134848j:plain


ファンデーションはこちら。

f:id:syosinsyaona:20170428134913j:plain


ファンデーションの方は、わたしの肌には色が濃過ぎたので、ちょっと上手く使えず。
シェービングにちょうどいい色味でした。

ということで、ガッツリ使った下地だけの感想になるんですが。
 
いやー、すごい!
さすが25グラム9千円の超強気値段なだけある!ほんとに!

少量でものびがよく、サンプル、かなり余りました(もったいない)。
わたしはファンデーションの方は色味的に使えなかったので、普段使っているプチプラのものを使ったんですが、
これがね、いつもの肌の質感と全然ちがう!
肌がいつもよりつるんとしていて、よりツヤっぽく、あれ、普段ってそんなにボコボコしてたの!?とギャップに驚きっぱなしでした。
しかも、一日中メイクをしていたんですが、夜になっても肌の質感は変わらず!
25グラム9千円は伊達じゃない!
 
お高い化粧品ってやっぱりちがうのねえ、とため息が出る美容初心者(笑)
 
 
上の方で、『美的』のターゲット層はこんな人かな〜?と完全に独断と偏見で書きましたが、
たぶん実際の読者の中には、こんなハイブランドのコスメ、バカスカ買えるほどの財政じゃないよ〜って人も多いはず。
正直に言うと、『美的』みたいな美容雑誌って、メイクのテクニックよりも商品の広告ばかり載っている印象で、雑誌というよりカタログみたいな印象すらありました。
でも『美的』ってもしかしたら、わたしのように、実際に買うにはちょっと(かなり)背伸びをしないといけない読者に
世の中にはこんないいコスメがあるんだよ!と紹介してくれるコスメ好きなお姉さんみたいな存在の雑誌なのかもしれない。
そう思ったら、広告ばっかり載せやがって……と内心思っていたわたしの邪心も薄まり(笑)

もちろん、サンプルを付録につけることで、実際の購買につなげることがブランド側としては目的なんでしょうけどね。

いつもの自分の行動パターンでは絶対巡り会えないだろうコスメと出会わせてもらい、買ってよかったな〜!と素直に思える雑誌でした。
 
 

【モニター記事】リメイ ターマルウォータークレンジングをお試しさせていただきました(再掲)

 
 
 
【Remei(リメイ) ターマルウォータークレンジング】をお試しさせていただいたので、以下使用してみた感想です。
 
じゃん!
 

f:id:syosinsyaona:20170428134140j:plain

 
コットンに浸して使うタイプのクレンジング水です。

使ってみた感想としては、こすらず、するんと落ちます。
跳ね上げアイラインもウォータープルーフのマスカラも、コットンで優しく拭き取るだけで簡単に落ちます。
写真、ちょっと見辛いんですが、こんな感じでさっぱりきれいに落ちます。

f:id:syosinsyaona:20170428134211j:plain

 
眉毛に剃り込み入ってる(笑)
 
クレンジング後も多少のベタつきはありますが、つっぱったりということはないです。
五日間ほど連続で使用していますが、わたしの肌には今のところ異常はありません。

クレンジング水というだけあって、かなり水っぽいです。というか、水か!
ただサラサラしているかというとそうではなく、とろみのあるテクスチャーなのでコットンから垂れてくるということはなかったです。
でも本当に水っぽいので、つい出し過ぎてしまってコットンが吸収しきれず、そのまま顔にのせて目がしみる、ということを最初何度か繰り返してました。
量の調節は慣れるまでちょっと注意が必要かもです。
 
400mlで価格は2200円。
同程度の価格帯で、これだけの量のクレンジングを使ったことがないので何とも言えないのですが、値段分はしっかり落ちますし、肌への負担も少なく、オイル・アルコールフリーなので、コスパは結構いいんじゃないかと。
もともとオイルクレンジングが苦手な方なので、結構気に入っています。
 
最後に一つ気になったこと。
匂いはアリです。<strong>NOT無香料</strong>。
何の匂いに近いだろう…?
お花?
金木犀の匂いに近いかな……
ちょっと自信ないですが、フローラルな感じの匂いがします。
わたしは無香料大好き教の信者なので、初め使った際にこの匂いがすごく気になって、気になって気になって気になり過ぎて<strong>「せっかくもらったけどもう使えない!」</strong>と落ち込んでいたのですが、毎日使っていたらそこまでは気にならなくなりました。改宗です(笑)
ですが、わたしのようについつい無香料を選びがちな方は、購入の際、香りを嗅いでみてから購入した方が無難かと思います。
 
ちなみに普段使っているコットンは@cosmeの「ミカエルのよくばりコットン」。
120枚入って285円、しかもふわふわの天然コットンなので結構リピートしてます。お気に入り。
 
 

ところでターマルウォーターのターマルって、どういう意味なんでしょうね?
調べたら、トルコに「ターマル」という温泉街があるらしいです。
岡山の湯原温泉の水を使用しているということで、そこ繋がりなのかな…?
むしろ湯原温泉のことも知らなかったのですが、映画『千と千尋の神隠し』のモデルの一つとなった「油屋」さんという老舗旅館が有名みたいです。昔ながらの温泉街という感じで、なんだかいいですね。
温泉といえば箱根か北関東かの関東民ですが、いつか行ってみたいな。
 
 
以上、【リメイ ターマルウォータークレンジング】の感想記事でした。
 
 
 

 

 

違いがわかる女の口紅

 

 

――僕らはそろそろ、ついつい赤リップを買ってしまう問題について対処しなければならない。

 
 
 
どうも。初心者女かのです。大仰な感じで言いましたが、ようは似たような色を持っているにもかかわらず、新しいリップを買ってしまうことを写真に撮って自覚しよう、という回です。
 
収納を新しくした際に捨てたんですが、それでも使っていないリップがまだけっこう残ってるんですが、一時期赤系リップにハマっていたこともあって、なんか似たような色なんですよね。
 
 
 

どれだけ赤系のリップがあるかというと……

 

f:id:syosinsyaona:20170428123706j:plain

 

目の前にあった物を写真に撮ったのですが、色つきリップとかもあるので、まだあと4つくらいある……。

 
自分の無駄を自覚するため、肌に塗って色味を確認してみることに。

 

f:id:syosinsyaona:20170428124148j:plain

 
 
あんまり変わらないな!?!?!?

いや、変わらなくはないし、それぞれ発色の良さやマット感やツヤ感など特性も違うのですが、それでもやっぱりこんなにはいらないですね(自分に言い聞かせる)。
 
ちなみに塗ったリップは

① 
ロレアル パリ カラーリッシュ モイストマット C511 オレンジ パワー

ロレアル パリ カラーリッシュ モイストマット C511 オレンジ パワー

 
③オペラ リップティント 05 コーラルピンク(上のリップの色違い)
 
⑤インテグレート ボリュームバームリップ RD362(廃版)
 
 

①のロレアルはさすがにオレンジ色なので違いは明らかだけど、あとの4つは唇に塗ると正直違いは微妙……
というのも、わたしはもともと唇の色が濃い方なので、つけると5あった差が2くらいまで無くなってしまうのです。悲しい。
 

それにしても②と③、同じオペラなのに色の違いが微弱過ぎるのが気になる。
 
05番はコーラルピンクとありますが、結構オレンジ味が強いです。
一方、01番のレッドの方は一度塗りだと真紅ではなく、ややピンク寄りのレッドという印象。二度塗りすると真紅に近くなります。
塗ったのが薄かったので、濃く塗ってみたのがこんな感じ。

f:id:syosinsyaona:20170428124832j:plain

 
光の関係なのか、写真だとオレンジが出なくてピンクになっちゃっていますが、ちゃんと違う色でしたね(そりゃそうだよ)。

濃い赤と濃いオレンジ寄りの赤という感じで、
実際、遠くから見ると「濃い×濃い」って感じでよくわからないんですが、やっぱりレッドの方はちゃんと赤ですね。
うーん、これは……微妙な色の違いがわかる繊細な女性になりましょうということで(笑)

もっといろんな色にチャレンジして、いろんな似合うメイクを研究していきたいな〜。
 
 

その見映えを維持することがまず不可能じゃない?というツッコミはそこまでだ!【100均グッズでコスメ収納】

 

どうも。家族に向かって長々とドラマ「カルテット」について語っていたら、最終的に「セカオワハウスみたいな感じ?」という一言で流された初心者女かのです。全然ミゾミゾしません。

 

 

今、休みになると部屋の大掃除をちまちまと進行中なのですが、その一環としてコスメ収納を新調したので、それをブログに書こうと思います。

 

それまではポーチと空き箱にごそっと入れていたんですが、それだと物が見つけにくいんですよね。収納ボックスを買おうと思い立ち、いざ、収納ボックスを探しに向かったのは近くのDAISO

 

買ってきたのはこちらです。

 

その1

f:id:syosinsyaona:20170428122230j:plain

 

その2

f:id:syosinsyaona:20170428122252j:plain

 

たしかその1の方はコスメケースとして、その2の方はフュギュアなどを飾るように立て掛けて使うケースとして売られていたような気がします。

すごいね100均!なんでもあるね!

 

無印良品の引き出し式のアクリルケースが流行ってるので、一応検討はしたんですが、わたしはすでに二十うん年純粋培養されてしまった生粋のO型人間でありまして、使ったものを元の位置に寸分たがわぬ形で戻すということを最も苦手としているのです。

しかも開けて、閉めて、の二つの動作を必要とするところがもうすでに向いてない。たしかにたくさん収納できて、かつ見映えもいいと思うのですが、あの細くて狭いスペースを綺麗なまま維持できる能力はたぶん無い……

 

ということで完全に利便性重視、見た目度外視で選びました。

 

背の高いものはこちらのボックスに

f:id:syosinsyaona:20170428122525j:plain

 

低い物はこちらのボックスにまとめて収納。

 

f:id:syosinsyaona:20170428122555j:plain

 

 

少しさびしかったので、持っていたリボンを適当に巻いて完成です。

という感じで、かののコスメ収納でした~。ばいばーい。